ひそかなる喜び

 

20121003dp.jpgこんにちは。

今日は何だかすっきりしないお天気ですね。

雨も少し強くなってきたようです。

 

今日は午後の診療前に

学校飼育動物の指導で

近くの小学校へ行ってきました。

各学校で飼育している

動物の種類や数は異なりますが

この小学校ではチャボとウコッケイを飼育しています。

 

・学校で動物を飼育する意味

・ニワトリとチャボとウコッケイの違い

・毎日の世話の仕方

 

などを委員の子供たちに説明をするのですが

みんな本当に素直でいい子ばかりで

質問もたくさんしてくれました。

『雄がいないのに何で卵を産むの?』

『どんな野菜が好きなの?』

『この前チャボが横になって倒れていて

抱きあげたらびっくりしてたけど大丈夫?』

う~ん、素晴らしい!

 

一生懸命飼育小屋を掃除している姿を見て

とっても幸せな気持ちになりました。

この子たちの中から

将来獣医師を目指してくれる子がいたらいいなぁ

と妄想してしまった院長でした。

 

追記

添付してある画像は獣医療のロゴです。

医療・医術の象徴とされる〈アスクレピオスの杖〉に

Veterinary(獣医学)のVがついているのが特徴です。

 

 

このブログ記事について

このページは、堀が2012年10月 3日 16:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「台風一過」です。

次のブログ記事は「Nobelpriset」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。