どこまで我慢すべきか

 

こんばんは。

昨日そして本日午前の臨時休診で

皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。

 

私事で恐縮ですが

色々な意味で怖い思いをしたので

書かせて頂きます。

 

昨日早朝から突然激しい腹痛と血便に見舞われ

意識も朦朧とし

20分に1度トイレに行ってはベッドに戻るを繰り返し

病院へ行きたくとも自立できない状態だったので

落ち着くまで横になっていました。

(トイレとの往復をしながらですが)

今までも胃潰瘍や急性胃腸炎で

このような状況を経験しておりましたので

時間が経つにつれ治まってゆくだろうと考えておりました。

 

夕方には20分おきが1時間おきになり

腹痛もやや改善したようだったので

そのまま経過を見ておりました。

夜中に急変することもなかったのですが

早朝にトイレに行くと血便は全く治まっておらず

さすがにこれはおかしいということで

土曜診療している病院を受診。

問診や直腸検査、CT検査をした結果

『虚血性大腸炎』

という診断でした。

初診外来で診てくださった医師から

入院することになるでしょうと言われたので

すぐにスタッフへ電話を入れ

当院に外来で来る予定になっている方々に連絡を入れてもらい

緊急性のある子や処置の必要がある子は

獣医師会の他の病院をご紹介いたしました。

その後静脈点滴をしていると違う医師が来られ

点滴をしたら帰ってもいいですよと。

午後は仕事に戻り

通常外来を再開いたしました。

 

これ以上は診療を休めない・・・

大事になる前に自宅で回復するはずだ・・・

よくある胃腸炎だ・・・

という僕自身のケチな考えで

このような結果になってしまいました。

 

皆様には大変ご迷惑をおかけしたことを

心よりお詫びいたします。

このような予期せぬことが起こった場合

HP上でも臨時休診のお知らせが出来ないこともあります。

出来る限りの対応を心がけて参りますので

ご理解とご協力をお願いいたします。

 

 

スタッフのみんな、フォローをありがとう。

本当に感謝しています。

 

 

このブログ記事について

このページは、堀が2015年1月24日 20:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お仕置き部屋・・・ではありません」です。

次のブログ記事は「雪にあらず」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。