2013年7月アーカイブ

怪談と言えば

 

おはようございます。

今日も暑いですね~。

昨日も相模川沿いを走ってきましたが

精神的にも

肉体的にも

鍛えられますね~。

 

ドーベルマンをこよなく愛する僕ですが

ネットでこんな動画が・・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=74DySNlGALA

(直接見れない場合はコピペしてください)

 

怖いのか?

怖くないのか?

 

明日は結婚式出席のため

終日休診となっております。

ご迷惑をおかけいたしますが

ご理解とご協力をお願いいたします。

 

 

きいちゃん情報

 

こんにちは!

猛暑が続いていますね~。

昨日は休診日だったので

昼間の一番暑い時間帯に

相模川沿いを走ってきましたが・・・・

帰宅後しばらく動けませんでした。

 

さて

当院でお預かりしていた

幸せの黄色い小鳥ですが

ポスターを張っていただいたことが功を奏し

病院に「うちの鳥かもしれない」と連絡があり

救護してくださった方の立会いのもと

確認していただき

無事帰って行きました。

とても幸せな雰囲気に包まれた

待合室での出来事でした。

 

みなさまご協力ありがとうございました!

 

 

幸せの黄色い・・・・小鳥

20130708dp.jpg

 

こんにちは!

去年より19日も早く

梅雨明けしましたね~。

道理で汗が止まらないはずです・・・。

 

昨日当院の飼い主の方が

下今泉1丁目の宗珪寺付近

黄色い小鳥を保護されました。

とても人懐っこいので

大切に飼われていたのではないかと思います。

当院では黄色いので

「きいちゃん(仮)」

と呼んでいますが

もしお心当たりのある方は

当院までご連絡ください。

 

また仔猫三銃士ですが

ポスターの真ん中の子は里親様が決まりました。

『そういえば○○さんが仔猫欲しがってたわ~』

『犬もいいけど猫ちゃんも飼いたいのよね~』

という方!

1回目の3種混合ワクチンも接種済みです!

併せてご連絡お待ちしております。

 

 

犬の未来を想う

 

おはようございます。

ちょっと蒸し暑い朝ですね~。

 

先日あるテレビ番組で

『犬たちの悲鳴

ブリーディングが引き起こす遺伝病(2009)』

『続・犬たちの悲鳴

告発から3年(2012)』

というイギリスBBCの特集がありました。

皆さんは現在の犬が

人間の手によって作り出されたことをご存知ですか?

この番組の問題提起は

近親交配により遺伝子の多様性が失われ

種としての生存能力が危機にさらされている

ということでした。

犬の外見的な美しさを競うドッグショーでは

およそ100年でダックスフントの手足は極端に短くなり

ブルテリアやブルドッグの頭蓋骨は大きく変形し(右画像)

ジャーマンシェパードは正しい歩行ができていないにもかかわらず

スタンダードとして優秀な純血種として認められ

交配されてゆきます。

その結果起こったことは

「遺伝病の拡散」です。

・ボクサーの若年性腎疾患(先天性腎形成不全)

・キャバリアの脊髄空洞症や心臓疾患

・短頭種の呼吸器疾患

・ローデシアンリッジバックの脊椎破裂・類皮洞など。

 

僕にとって衝撃的だったのは

ローデシアンリッジバックのブリーダーが

「近頃の若い獣医は融通がきかなくて、安楽死を拒否するので困っています。

リッジがないだけで他のどこも悪くないなんて言うんです。

この犬種はリッジがないといけないの!と説明するんですけど聞き入れてくれません。

で、結局付き合いの長い獣医に連れて行って安楽死させることになるんです。

私の管理のもとで静かに死なせたいんです。問題視して騒ぎたてる人には任せられません」

どういうことでしょう?

生命を何だと思っているのでしょう?

リッジがないから安楽死をする獣医師がいること自体が異常です。

 

その後イギリスのケンネルクラブは

・外見上の理由だけで健康な子犬を殺すことを禁止

・親子及び兄妹間の近親交配の禁止

・犬種標準(身体的誇張)の改定

・新しい検査制度(BVAでのMRI検査)の導入

など「え?いまごろ?」と思ってしまうような点を

少しずつ改革を進めているようです。

 

ロンドン大学のスティーヴ・ジョーンズ教授の

「本当に犬を愛しているのなら

人間が虚栄心を満たすために

犬にどれほどの苦しみを強いているのか

もう一度よく考えるべきです」

という言葉がとても印象的でした。

 

<<補足>>

ローデシアンリッジバックについて

多数ご質問をいただきましたので補足いたします。

リッジ(ヘア)とは

背中にある逆毛のラインの部分をいいます。

 

 

枯れないココロ

20130702dp.JPG

 

こんにちは~。

日差しが痛いくらいのお天気ですね~。

 

昨日幼少期の同級生から

お花をいただきました!

このお花は

その友達が自身でアレンジしてくれたものなのです。

う~ん、スゴイ!

相変わらず

花ゴコロに乏しい僕は

その素晴らしさの1/100も理解できていないのかもしれませんが

とってもプリティですね~。

・・・初夏の庭園とそこを流れる涼しげな風を感じさせるような

・・・夏の地中海の雰囲気を漂わせているような

そんなプリザーブドフラワーですが

残念ながら

僕の貧弱な写真撮影のテクニックでは

なかなかその雰囲気をお伝えできないのが残念です 汗

 

受付カウンターに飾ってありますので

じっくり拝見してみてください。

 

『こんなお花をあの人に贈りたいわ~』

『自分でアレンジ出来たらいいわねぇ~』

という方は・・・直接僕にお尋ねください 笑

 

 

このアーカイブについて

このページには、2013年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年6月です。

次のアーカイブは2013年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。